脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症の治療とは?

 

脊柱管狭窄症の治療法としては、重症でない場合、薬物療法・神経ブロック療法・理学療法のような保存療法が行われ、もしも、治療の効果が見られず、生活に支障をきたすほど症状が悪化してきた場合に手術を行います。まず、薬物療法では、消炎鎮痛剤などで痛みを抑え、ビタミン剤などで神経の機能を補助し、循環改善剤で神経の血行を改善します。

 

そして、神経ブロック療法では、痛みやしびれを発症している圧迫された神経の周辺にステロイド剤という局所麻酔剤を注射して症状を抑えます。また、赤外線照射やホットパックによる温熱療法、血液の流れを良くする超音波療法、腰椎を引っ張る牽引療法、筋肉のマッサージなどの理学療法もあります。さらに、腰を安定させて痛みを和らげるコルセットによる装具療法、神経の圧迫や血流改善のために脊柱管を広げたり、腰周りの筋肉を強化するための運動療法などの保存療法も行われます。

 

しかし、これらの保存療法でも、脊柱管狭窄症の症状を改善することができない場合もあります。その場合、よく用いられる手術法は2つあり、その一つが、神経を圧迫している骨や靭帯を取り除く除圧術です。この除圧術では、椎弓全てを摘出する椎弓切除術や椎弓を部分的に削る開窓術が行われます。

 

2つ目の手術が脊椎固定術で、すべり症や脊椎が安定しない状態の脊柱管狭窄症の場合、神経を取り除いた後にすべり症の矯正や脊椎を固定するために、スクリュー・ロッド・スペーサーなどの固定器具を用いた脊椎固定術が行われるのです。

 

関連LINK

東洋医学のカリスマ福辻鋭記さんの腰痛改善ストレッチや高血圧改善ストレッチなどストレッチにより症状の原因を取り除く方法で健康をサポートする商品を専門に扱っているのが、福辻式シリーズ通販ナビです。