脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の症状とは?

 

脊柱管狭窄症で見られる症状の特徴として、歩き出すと足に痛みやしびれが出てきて歩けなくなり、少し休息を取ってイスに座ったり、前かがみになることで痛みやしびれが軽くなって、また再び歩き出すことができる間欠性跛行が挙げられます。このように、脊柱管狭窄症では、腰の痛みは軽いものばかりで、腰より下の足の痛みやしびれなどの症状が多く見られ、間欠性跛行のような症状を発症するのです。

 

この間欠性跛行は、歩行時に腰椎部分が後ろに曲がった後屈状態になるので、馬尾神経や神経根が圧迫されてしまい、血液の流れが悪くなる血行障害を発症することで起きると言われています。そして、脊柱管狭窄症には3つのタイプが存在し、タイプ別に圧迫される神経の箇所が違い、それぞれ発症する症状も違ってきます。まず、

 

神経根が圧迫されるタイプですが、このタイプは、腰やお尻辺りから足に掛けて痛みやしびれを生じ、左右の神経根のうち片方だけ圧迫された場合、圧迫されている方の片足だけ症状を発症し、左右両方の神経根が圧迫された場合、両足に症状を発症してしまうのです。

 

また、神経が束になっている馬尾神経が圧迫されたタイプの場合、両足の広範囲にわたり、痛みよりもしびれや麻痺を発症したり、足に力が入りにくいといった状態になる以外にも膀胱・腸・肛門の機能にも影響し、排尿・排便機能に障害が現れるようになります。さらに、これらの2つのタイプが同時に発症するタイプもあるのです。

 

関連LINK

食事だけで生活習慣病を治療してしまう藤城博さんの秘密は、断食と食事療法を組み合わせた独自の治療法です。