脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の原因とは?

 

 

脊柱管狭窄症の原因の中で最も多いのが、年齢を重ねるにつれて骨が老化して腰椎の形が変形することです。まず、椎骨同士の間に位置する椎間板は、老化するにつれて厚みがなくなり、椎骨同士がこすれて変形して、骨棘(こっきょく)という出っ張った棘ができ、後方の脊柱管内に飛び出し神経を圧迫します。そして、椎間板や後縦靭帯の老化によって椎骨を支える力がなくなり、椎骨は後方にずれてしまい、脊柱管の空間を狭くしてしまい神経を圧迫します。

 

また、椎間板が老化することで、後方に位置している脊柱管内に膨らんで盛り上がってくることがあったり、脊柱管の後ろに位置する黄色靭帯も、老化に伴って徐々に骨化していき、前方の脊柱管内に盛り上がってくるので、これらも脊柱管内の神経を圧迫してしまいます。さらに、変形性腰椎症・腰椎分離症・すべり症・椎間板ヘルニアなどが脊柱管狭窄症の原因にもなる場合もあります。

 

中には、体が成長する段階で、脊柱管が十分に成長しなくて、正常な広さにまで広がらなかった場合も、脊柱管狭窄症になりやすいのです。このように、ほとんどの脊柱管狭窄症は、後天性の発症した原因がかなり影響するのですが、中には、生まれつき脊柱管が狭いという先天性の原因が、柱管狭窄症を引き起こすことも稀にあります。

 

関連LINK

亀有ひまわり整骨院の大須賀昭院長が作った坐骨神経痛を5分間のストレッチ改善する大須賀式坐骨神経痛改善法の紹介です。