脊柱管狭窄症ストレッチ

脊柱管狭窄症は、ストレッチで改善できる?

 

病院や整体に通っても、なかなか完治しない脊柱管狭窄症は、ストレッチで改善できるのでしょうか?脊柱管狭窄症の症状・間欠性跛行・治療方法について腰痛治療の第一人者、中川卓爾院長が動画で話しているのをご覧ください。

 

 

脊柱管狭窄症を改善するストレッチ

中川式腰痛治療法

中川卓爾イメージ

今までに延べ50万人以上の腰痛患者を治療してきた腰痛治療の第一人者で鞍ヶ池ヘルスケア接骨院院長である中川卓爾さんの自宅で出来る腰痛治療DVDです。

 

中川卓爾院長と言えば、中川式ストレッチがテレビや雑誌で紹介され話題となりました。プロスポーツ選手も取り入れる中川式ストレッチを使った腰痛治療法を紹介しています。

 

中川式腰痛治療法の詳細

 

 

 

 

上田式】腰痛革命プログラム

上田康浩イメージ

神の手を持つ18人に選ばれた腰痛解消の第一人者、毎日腰痛患者が殺到するうえだ整骨院の院長である上田康浩さんの腰痛革命プログラムDVDです。

 

上田院長は、2006年に腰の痛みの原因を根本から解決する「上田式無痛整体法」を確立。それが評判となり全国から患者が殺到しています。そのノウハウを腰痛改善ストレッチにしました。

 

上田式腰痛革命プログラムの詳細

 

 

 

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

福辻鋭記イメージ

治療歴30年以上、施術実績50,000人以上、東洋医学のカリスマと各種メディアで取り上げられたアスカ鍼灸治療院の院長である福辻鋭記さんの腰痛解消DVDです。

 

脊柱管狭窄症による間欠跛行などに効果がある5分で出来る腰痛解消ストレッチ法を紹介。腰痛に特化したストレッチなので痛みがあっても実施できるようになっています。

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」の詳細

腰部脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症またの名を腰部脊柱管狭窄症という病気は、脊髄・馬尾神経・神経根などの神経が通っている脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通っているこれらの神経や神経の周りの血管が圧迫されることで、腰だけでなく下半身に痛みやしびれを生じたり、様々な障害を引き起こす病気のことを言います。では、なぜ脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される状態になるのか、その仕組みについて見ていきましょう。

 

人間の体の背骨は、椎骨という骨がいくつも重なって、頸椎・胸椎・腰椎が繋がって仙骨まで伸びています。椎骨は、前方部分の椎体と後方部分の椎弓で構成されていて、この2つの間に空間があり、椎骨が縦にたくさん繋がっていることで、縦長の管状の通り道が作られます。この縦長の管状の通り道のことを脊柱管と言います。脊柱管には、別名中枢神経と呼ばれる脊髄の他に、この脊髄と繋がっている末梢神経が束になっている馬尾神経、さらには、この馬尾神経から左右に伸びている神経根という神経が通っています。

 

そして、年を重ねるにつれて、腰椎を形成する椎骨・椎間板・靭帯・関節などに年齢的な変化が起きることで、脊柱管内の神経を圧迫したり、神経の周辺を取り巻く血管も圧迫されて、腰痛・下半身の痛みやしびれを伴う下肢機能の障害・間欠性跛行・膀胱や肛門機能などの障害を発症してしまうのです。この脊柱管狭窄症は、若い年代でも起きることはありますが、基本的には、50歳以上の高齢者が多く発症しやすいと言われています。

病院でも治らない慢性腰痛の治し方を神の手を持つ名医がズバリ教えます。